1,000円以下で買えるプチプラ美白化粧水の口コミ

プチプラの基礎化粧品であっても高級な化粧品と同じような成分が使われていることもあったりして、価格と品質が必ずしもつりあっているというわけではないです。プチプラであってもシミを予防する効果が高級な化粧品と同等な効果を発揮するものも中には有ります。肌のスキンケアに時間もお金もかけたくないという人は多くいますので、そういう人であればプリプラの化粧水を揃えたいという人もいるでしょう。そういう人のために1,000円以下で購入できるシミに効くプチプラの化粧水についていくつか紹介させていただきます。

1,000円以下のプチプラはコストパフォーマンスに優れる

化粧水と言うのは毎日スキンケアに使われますので、費用というのがどうしても気になります。1,000円以下のプチプラ化粧水と言うのは価格を気にせずに使うことができます。化粧水選びで迷っているのであれば、まずはプチプラ化粧水から選んでみるといいでしょう。使ってみて何らかのトラブルが無ければそのまま使い続けることが可能です。化粧水を安くした分他の化粧品にお金を回すことも可能ではないでしょうか。

大容量でも安いナチュリエハトムギ化粧水

こちらの化粧水はドラッグストアで購入できる物の中でも、コストパフォーマンスがいい化粧水ではないでしょうか。美白成分は入っていないですが、昔から美白に効くと言われるハトムギを原料にした化粧水です。ペットボトル1本分の容量で1,000円以下というのは何よりもお得で、安心して使うことができます。

ハトムギエキスには保湿効果や抗炎症作用があるという風に言われており、肌荒れなどに効きます。メラニンの生成を抑えるという効果はありませんが、老廃物を出して肌のターンオーバーを促す作用があります。

日本酒系コスメである菊正宗の日本酒の化粧水(高保湿)

日本酒系コスメの代表例と言われる菊正宗の日本酒の化粧水です。この高保湿では最近新たにセラミドが配合されています。セラミドが減少すると肌の乾燥が起きてしまいますので、それを補給することで肌のバリア機能を回復し、水分を保持しやすくなります。その他にも必須アミノ酸やプラセンタエキス、アルブチンなども配合されています。

日本酒系なので日本酒の匂いはどうなのかと言うと、気になる人もいますが、そう気ににならないという人もいます。こればかりは人それぞれではないでしょうか。1,000円以下の化粧水の割にはしっかりと保湿してくれているという印象はあります。

100円ショップの化粧水であるダイソー酒しずく

100円ショップでも化粧水を購入する事が可能です。酒しずくという化粧水は日本酒をベースにした化粧水ですので、日本酒の香りががっつりしており、気になる人に取ってはとっても気になるのではないでしょうか。100円だから思いっきり使っても残前構わないという安心感があるでしょう。水みたいにさっぱりとした使い心地ですので、別に気にならないものです。単純に化粧水だけの効果を求めるのであれば、これでも大丈夫ではないでしょうか。

500円もしない北川本家の純米酒美肌

北川本家と呼ばれる日本酒のメーカーが製造した人気の化粧水で、1本500円以下で購入できると言うこともあってまとめ買いをする人が多いです。日本酒に含有されているグリセロールは角層の保水力を上げてくれるという風に言われています。日本酒に含まれている成分というのは美肌をサポートしてくれる成分が多く含まれています。ただし、これ一つでは敏感肌には物足りませんので、必ず保湿力のある乳液やクリームが必要になってきます。

尿素とグリセリンのみのシンプルな化粧水である天使の美肌工房の天使の美肌水

天使の美肌工房が製造している天使の美肌水と言うのは水とうるおい成分の尿素、保湿成分のグリセリンしか含まれていないということもあってとてもシンプルです。化粧水とは言ってもいろいろな成分が含まれていてそのアレルギーに対して心配しないといけない人に取っては、シンプルな形というのはいいのではないでしょうか。赤ちゃんからお年寄りの方まで安心して使えますし、顔だけでなく全身に対して使うことが可能です。

ニキビケアができる肌美精クリアホワイトローションアクネケア

クラシエが製造販売している肌美精クリアホワイトローションアクネケアは美白化粧水をベースにしてニキビケアができるようにしています。大人ニキビを防ぐとともに、ニキビ跡についてもしっかりとケアをしてくれます。古い角質を落とすことでこの後に使用する化粧品に対して浸透しやすくします。

もっと綺麗になりたいという女性はこちらへ

1,000円以下でも購入できる美白化粧水は多くある

以上6つ挙げてきましたが、1,000円以下で購入できる美白化粧水はたくさんあります。自分が求めている効果が達成できるかどうかという観点と、自分の肌に合っているのかという観点で選んでいただくといいのではないでしょうか。